活動内容

企画総務委員会

2022年度 活動目標

『 同友会の機能「教室」と「倶楽部」の充実をめざして 』

委員長 森山 澄江

 

◇基本認識

 

2022年度は、多様化するニーズや課題に対応し、活力ある同友会運営の為に、委員会の構成が大きく変わり変化の年に当たる。

企画総務委員会は、他の組織・団体との連携を行いつつ同友会の活動が円滑・活発に行われるよう力を尽くし、経済同友会設立趣意である会員が相互に啓発し合い切磋琢磨する「教室」としての機能と、気楽に親交を温める「倶楽部」の機能を、コロナ禍においても充実させるべく、以下の通り活動していく。

 

◇活動内容

 

  • 1. 魅力ある例会の企画運営
  • 2. 会員拡大(青壮年部会、他委員会と協力して、特に若手・女性の拡大)
  • 3. 会員サービス       
  •   1)新入会員オリエンテーション        
  •   2)支店長会の運営 
  • 4. 大分経済同友会との交流会

 

<青壮年部会> 

今、自分たちにできることを皆で考え、自らの事業に活かし実践するきっかけをつくる。
  • 卓話・講演・見学等を自主的に企画運営し、若手経営者の学習と研鑽の機会を設ける。
  • 南九州経済連絡協議会による他県経営者との交流(当年度は宮崎開催予定)。
  • 卒業・歓迎会の他、懇親会を定期的に行い、老壮青の会員同士の親睦を深める。
  • 熊本フォーラム委員会

    2022年度 活動目標

    『 次世代への扉を開く議論と交流を目指して 』

    委員長 小杉 堅太

     

    ◇基本認識

     

    熊本の未来は、新型コロナとの闘いを強いられる中で、事業の持続可能な発展を実現するという困難な課題を克服するところから拓かれる。その為には、従来の常識を脱却し、ニューノーマル時代に見合った価値創造に挑む議論と活動が必要と考える。

    加えて、ここ数年熊本経済同友会活動最大の事業に成長した熊本フォーラムを更に充実させる為、単独の「熊本フォーラム委員会」が新設された。

    今後のフォーラムは新型コロナへの耐性を強化しつつ、次世代への扉を開く議論の展開や、熊本経済同友会会員のみならず開催地域の方々との交流も目指し実施する。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 充実したフォーラムの企画
       全体プログラム計画策定、日程・場所決定、開催地域の方々との交流企画、新しいスタイル(ニューフォーラム)の検討
    • 2. 充実したフォーラムの運営
       実行委員会の充実、分科会は他の委員会に依頼するが実行委員会で調整・支援する
    • 3. その他
       記録作成(報告書、映像、写真等)、次年度以降開催地調査

    経営活性化・DX委員会

    2022年度 活動目標

    『 ニューノーマル時代のDX推進に向けて 』

    委員長 瀬口 力

     

    ◇基本認識

     

    コロナ禍における社会構造の変化は「ニューノーマル」と呼ばれ各企業もそれに対応した行動が求められている。ITの利活用はその解決手段の一つであるが、必ずしも満足に進んでいるとはいえない。

    DX(デジタルトランスフォーメーション)とは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」(経済産業省)と定義され、まさにニューノーマル時代に必要不可欠なものであろう。

    そこで当委員会では社会・経済・経営のテーマに関する事例に加え、DX事例をクローズアップし研究・推進することで、会員企業の企業変革を促し、新たなビジネスモデルの創造や多様な働き方、新たなテールリスクへの備え、生産性の向上・経営活性化を目指していく。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 定期的に各企業の経営活性化やDX関連の勉強・情報交換の場として委員会を開催する。
    • 2. 各委員会と連携を図り産官学連携のDX人材育成プログラムに協力する。
    • 3. DX企業事例(働き方・生産性向上・ビジネスモデルなど)を中心に先導的DX企業訪問・研修を行う。
    • 4. 熊本フォーラム分科会の企画・運営。

    産官学連携委員会

    2022年度 活動目標

    『 産官学連携による新たなビジネスモデルの構築へ 』

    委員長 永田 佳子

     

    ◇基本認識

     

    様々な連携の中で、本年は特に大学や研究機関等が持つ研究成果、技術やノウハウを民間企業が活用し、実用化や産業化へ結び付ける仕組みづくりに取組みたい。また、同友会会員相互の人的ネットワークの強化、異業種・異分野が持つ技術やアイデアを組み合わせるオープンイノベーションを推進し、新規ビジネスモデルの創出に向けた土壌づくりを進めることが、熊本の地方創生また企業の発展、行政の効率的運営に資することと考える。

    同友会では自治体や熊本大学をはじめとした大学との連携を視野に入れている。熊本大学とは2022年5月連携協定を締結したが、(一社)熊本地域大学ネットワーク機構(仮称)が実施する地域活性化人材育成事業〜SPARC〜をリカレント・リスキングで活用し、それぞれの企業が求める人材を生み出すような仕組みを検討したい。

    また年間を通じ各委員会との連携を図り、提言団体として重要意見を収集し自治体との意見交換、熊本県・熊本市へ向けた提言をまとめる。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 現在進行形の産官学連携による取組みの把握、情報の収集や共有で、同友会会員への紹介、連携を推奨する。(JICA、熊本県クロスイノベーション協議会、UXプロジェクト、DXくまもとコンソーシアム(仮称)等)
    • 2. 熊大との連携協定後、会員へのSPARCの周知・活用・広報や定例会議等の参加。
    • 3. 年間を通し各委員会と連携を図り意見を収集し、2022年度の熊本県・熊本市宛の提言をまとめる。
    • 4. 熊本フォーラムへの積極的参加。

    サスティナビリティ委員会

    2022年度 活動目標

    『 持続可能な地域社会の実現と、企業の持続的成長に向けて 』

    委員長 井原 宏

     

    ◇基本認識

     

    企業が持続的に成長するためには、地域社会との共生が不可欠であることは言うまでもない。SDGsやカーボンニュートラルを各企業が本業の中で取り組んでいくことが、持続可能な地域社会を実現することにつながる。熊本県SDGs登録制度には1000社を超える多くの企業が登録しており、経営者のSDGsに対する意識は高いと考えられる。SDGs、カーボンニュートラルの取り組みを通じて会員企業の組織文化や人財育成につながる活動指針を提示し、併せて産官学の連携による会員企業のイノベーションを促進する。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 熊本経済同友会としてのSDGsの活動指針を作成する。
    • 2. SDGsとカーボンニュートラルの理解を深めるためのセミナーや事例発表会などを行う。
    • 3. 先進的な取り組みを行っている企業(県内外)の視察を行う。
    • 4. イノベーションの促進を目的に、経営活性化・DX委員会と産官学連携委員会と連携した取り組みを行う。
    • 5. 熊本フォーラム分科会の企画・運営。

    まちづくり委員会

    2022年度 活動目標

    『 熊本のまちづくり戦略の検討とその具現化に向けて 』

    委員長 川畑 健二

     

    ◇基本認識

     

    熊本が持続可能な発展を実現するためには、これまで議論を重ねてきた中心市街地における上質な都市空間の創出などに加え、ニューノーマル時代の到来や、グローバル企業の県内進出など、これまでにない変化への対応も求められている。

    2022年度は、これまでの中心市街地におけるまちづくりの議論に加え、熊本空港周辺における産業振興や、熊本市におけるスマートシティの推進等についても行政等との連携を強化する。

    また、まちづくりの重要な要素である交通インフラについても一体的・戦略的に検討を行う。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 「熊本市中心市街地グランドデザイン2050」の具現化に向けた意見交換や、先進事例の勉強会、現地視察の実施
    • 2. 下記の事項に関する勉強会・意見交換会の実施や、行政等との連携の強化
    •   1)UXプロジェクトをはじめとする熊本空港周辺における産業振興
    •   2)熊本市におけるスマートシティの推進
    •   3)交通ネットワークの利便性向上 等
    • 3. 「熊本都市圏将来ビジョン」の進捗評価
    • 4. 熊本フォーラム分科会の企画・運営
    •    ※ 必要に応じ、他委員会や熊本城前地区まちづくり協議会と連携した活動を実施

    熊本の価値創造委員会

    2022年度 活動目標

    『 グローバル時代の新たな価値創造へ向けて 』

    委員長 新永 隆一

     

    ◇基本認識

     

    ポストコロナ社会に於いて見直されつつある従前のビジネスモデルは、観光分野においても例外ではなく、これまでに無いサービスや事業化による新たな価値創造への取り組みが引き続き求められている。

    そのためには、熊本の歴史などの文化的資本と、景観、農業、食などの自然資本という地域資源のブランディングやクオリティを高めるのはもちろんのこと、パンデミック終息後の国内観光の増加・インバウンド需要を見据えた「熊本発」の新しい価値創造を具現化することが重要となってくる。

    TSMCの熊本進出により世界の目が熊本に向けられている今だからこそ、グローバル・ローカル両方の視点で熊本の魅力を再定義し世界へ発信するとともに、それを経済資本として地域に還元し、さらには移住・定住人口増加にまで繋げていくための方策を検討し、他の委員会とも連携しながら実現に向けて取り組む。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 熊本の自然と歴史に育まれた県産酒(50蔵)のPR企画の立案・実現
    • 2. マーケティング戦略の一環としての観光客・ビジネスマンへのアンケート調査      
    •   -アンケート概要・方法・内容等の企画立案と行政への提言-
    • 3. 熊本の「まちづくり」のポテンシャルの探求     
    •   -他地域の成功事例を参考に人が集まる魅力的なまちづくりについて学ぶ-
    • 4. 熊本フォーラム分科会の企画・運営

    少子化対策・女性活躍委員会

    2022年度 活動目標

    『 女性が安心して活躍し家庭や子育てに希望が持てる社会の実現に向けて 』

    委員長 岩上 梨可

     

    ◇基本認識

     

    我が国における少子化の進行は、人口(特に生産年齢人口)の減少と高齢化を通じて社会経済に大きな影響を与えており、本県においても深刻且つ早急に取り組むべき課題である。

    少子化の主な原因は未婚化・晩婚化と有配偶出生率の低下であり、その背景には個々人の結婚や妊娠、出産、育児に対する希望の実現を阻む様々な要因がある。具体的には「経済的な不安」「出会いの機会の減少」「仕事と子育ての難しさ」「家事育児の負担」「年齢的な不安」など様々な要因が複雑に絡み合っている。

    女性活躍の観点から見ても結婚から育児までの期間更には両親などの介護期間における女性の不安と負担は大きく男女が性別に関わりなくその個性と能力を十分発揮できる社会を構築していくためには、固定的性別役割分担意識(性別によって役割を決めつける考え方)や、長時間労働などの働き方、仕事と家庭・地域生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)などの様々な課題解決に向けた取組が重要である。

     

    ◇活動内容

     

    • 1. 九州経済同友会の取り組みを参考に、異業種交流と出会いの場の創出
    • 2. 固定的性別役割分担意識についての勉強会 
    • 3. 各企業の「女性が安心して働ける環境作り」に対する取組の勉強会や視察
    • 4. ライフデザインの認知普及     
    •   ※ライフデザインとは自分やりたいライフイベント(結婚・出産など)またはやらなければならないライフイベント(育児・介護など)を自分の希望する時期に実現できるようにあらかじめ描く(デザインする)ことであり、希望の実現のために心技体(考え方・やり方・体づくり)など「自分が幸せだと思う人生を生きる」ための学び     
    • 5. 熊本フォーラムへの積極的参加

    ニュース

    熊本市中心市街地グランドデザイン2050(概要)

    熊本経済同友会と熊本商工会議所は、2018(平成30)年1月1日に「熊本市中心市街地グランドデザイン2050(概要)」を公表しました。

     

    内容についてはこちら

    「熊本都市圏将来ビジョン」を策定(2014年2月)

    熊本経済同友会と熊本商工会議所では、平成24年にスタートしたより良い熊本づくりに向けた連携強化の一環として、 「熊本都市圏将来ビジョン」策定を共通の取り組みテーマとし、約2年間にわたり共同で議論・検討を重ねてきました。

     

    このビジョンは、中長期的な人口減少や高齢化の進展という社会的構造要因と、それに伴い熊本経済の穏やかな衰退が予想されるなかで、 出来る限り早い段階でこのトレンドを変えようとする共通認識の形成が不可欠との思いから策定に着手。

     

    中長期的観点や行政区域にとらわれない広域的観点、経済合理性など経済界としての視点に立って、 熊本都市圏の目指すべき姿を検討し、今後10年間に取り組むべき課題や具体的施策を取りまとめたものです。

     

    【熊本都市圏将来ビジョン】内容についてはこちら

    お問い合わせ

    事務局へのご質問
    お問い合わせはこちらから

    096-353-0051

    電話受付:平日9時〜17時30分